御菜浦 生のり佃煮

船橋市 株式会社金庄・茶茶

江戸時代に海苔はむらさきと呼ばれ船橋の海で採れた海苔や魚介類は、徳川家に献上されており、この周辺の海は御菜浦と言われておりました。磯の香り・うま味・口どけの良い海苔の佃煮です。