房州うちわ(浴衣 中)

南房総市 うちわの太田屋

房州うちわは、京都の「京うちわ」や香川県丸亀市の「丸亀うちわ」とともに日本三大うちわのひとつです。
京うちわのような、後から取り付けられる木製の柄や、丸亀うちわのような竹を削った柄に対して、房州うちわは竹の丸みをそのまま活かした「丸柄」が特徴です。また、48~64等分に割いた骨を糸で編んで作られる半円で格子模様の美しい「窓」も魅力的です。
現在では年間約2万本の「房州うちわ」が生産されており、平成15年には、経済産業大臣指定伝統的工芸品として認定されました。扇風機やエアコンなどの電化製品やガスコンロなどが普及し、実用品としてのうちわが使われなくなる中で、現在ではその美しい見た目から装飾品として愛用されるようになってきました。